ニキビは皮脂腺の多い場所にできます。顔や背中はこの皮脂腺が多い場所で、皮脂の分泌が多いので、ニキビができやすくなるのです。

また、背中ニキビは自分では見えない場所ですので、どうしても顔のニキビよりも気付くのが遅くなります。ニキビが悪化するまで気付かないことも多いかもしれません。

ときどき鏡と姿見を使って、背中の状態をチェックするとよいでしょう。早めに背中ニキビを発見できれば、悪化させないようにケアしていくことができます。

背中ニキビの予防法

背中ニキビができる要因としては次のようなことが考えられますので、これらに気を付けることが第一です。

  • 不規則な生活生活習慣の乱れ
  • 栄養バランスの悪い食生活(特にビタミン類の不足)
  • 睡眠不足
  • 過度のストレス蓄積

また、入浴時のシャンプーやトリートメントなどの洗い残しが背中に付着したままとなることも、背中ニキビの要因になっていることがあります。

シャンプーなどは、シャワーで洗い流す際に背中の方までしっかり洗い流すようにしませんと、肌に留まってしまいます。すると、シャンプーなどの成分で背中の毛穴が塞がれた状態になり、ニキビの原因になることがあります。