ニキビを改善するために最も大切なことは(当たり前かもしれませんが)洗顔です。洗顔を正しい方法ですることで、毛穴の詰まりを解消してニキビを改善することができます。

正しい洗顔方法とは何か?

洗顔を正しく行うコツは次のとおりです。

1.事前に手をキレイにする

手をよく洗ってキレイにしましょう。手に雑菌が付いているのはよくありません。また、手がキレイですと洗顔料の泡立ちが良くなります。

2.ぬるま湯で洗う

ぬるま湯(または水)で洗顔をしましょう。高温のお湯で洗うと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいますので気を付けましょう。

3.低刺激の洗顔料を使用する

刺激の強い洗顔料はニキビを悪化させる恐れがあります。また、スクラブ入りの洗顔料は、肌を傷つけたり刺激が強いため、ニキビ肌には向きません。

無香料、無着色、弱酸性、低刺激のもの、「ニキビ専用」などと書かれているものをお使いになったほうがよいでしょう。

洗顔料を手に取ったら、水を少し加えて、できるだけ細かな泡をたっぷり作ってみてください。泡立てるネットは便利です。
洗顔泡立てネット 関連商品

メイク落としのクレンジング剤は、オイルタイプのものは使わない方が良いでしょう。オイルタイプは皮脂を過剰に落としてしまう恐れがあります。

4.優しく洗う

力を入れたり念入りに洗ってしまいがちですが、肌を刺激し傷付けてしまいますので逆効果となります。力を入れずに優しく丁寧に洗うことが大切です。

肌に指を付けないように、泡で擦るように洗います。洗う順番は、額・鼻(Tゾーン)→頬→あご というのがオススメです。目元と口元はデリケートな場所ですので、軽く洗う程度(泡をくっつける感じ)にしておきましょう。

5.すすぎは念入りに

洗顔料が顔に残らないように、時間をかけて念入りにすすぎを行いましょう。すすぎが不十分ですと、洗顔料が毛穴に詰まったままになり、ニキビができてしまう原因になることがあります。

6.拭く時も優しく

顔を拭く時は擦って肌に刺激を与えないように、清潔なタオルで優しく押さえるように水分を拭き取ります。

7.保湿を忘れずに

洗顔した後は、すぐに保湿ケアをしましょう。

8.洗顔しすぎない

1日に何回も洗顔するのは良くありません。皮脂を必要以上に洗い流すと、肌のバリア機能が低下してしまい、肌に乾燥や紫外線などのダメージを与えやすくしてしまいます。
朝と夜の1日2回の洗顔がちょうど良いでしょう。