大人ニキビは、とにかく治りにくいですね。
自己流で治そうとしても、なかなか上手くいきませんし、ケア方法を間違えると肌を傷めてしまいます。

大人ニキビの治療は、医療機関(まずは皮膚科)で医師に相談して、正しい治療を受けることが良いでしょう。
市販のニキビ治療薬で治らない場合は、ニキビが悪化しないうちに、できるだけ早めに医療機関を受診することをオススメします。

大人ニキビの原因として多いのは、ホルモンバランスの乱れです。
生理やストレスなど何らかの影響でホルモンのバランスが乱れると、皮脂の量が増えたり、肌のターンオーバーが乱れたりすることにより、大人ニキビができてしまうことがあります。

皮膚科では主に塗り薬による治療を行います。
ニキビが悪化している場合は、光、レーザー、高周波など機器を使って治療することもあります。

ニキビの治療方法は日々進化しており、効果の高い塗り薬が次々に登場しています。
ご自分のニキビの状態に合った薬を医師に処方してもらえれば、きっとニキビの改善が早くなるでしょう。