ニキビの症状が軽い場合は、ホームケアや生活習慣の改善だけでも良くなるでしょう。しかし、症状が重かったり、ニキビのできやすい肌質の場合は、それだけではなかなか治りません。ニキビを治さずに放置しておくと、悪化したりニキビ跡になってしまいます。

早く治したいのであれば、医療機関(皮膚科)で専門医に相談されることをおすすめします。ニキビで病院に行く人はあまりいなかったと思いますが、ニキビ治療に力を入れている皮膚科は増えています。症状によっては必ず治るとは限りませんが、自己流のケアよりもずっと安心できます。

ニキビ治療は保険の適用になっていますので、市販の薬を買うよりも費用を抑えられる可能性があります。

また、医師から様々なアドバイスを受けることもできます。自分の肌に合ったケア方法、生活習慣の改善などで、ニキビの再発リスクを減らせます。

皮膚科のニキビ治療方法は、主に次の方法となります。

薬物療法

治療の中心となるのは、外用薬を使った治療です。

外用薬として、アクネ菌を殺菌する抗生物質が含まれた薬、角栓(毛穴の入口の固いつまり)を取り、コメド(皮脂詰まり)を出しやすくする薬などがあります。

ニキビの状態が重症の場合は、抗生物質の内服薬も使われます。皮脂の分泌を抑えるために低用量ピル、ビタミン剤を使うこともあります。

処置

毛穴の詰まりを取り除く処置として「面疱(めんぽう)圧出」や「ケミカルピーリング」などがあります。

面疱(めんぽう)圧出とは、専用の器具で毛穴に詰まっている皮脂などを取り除く治療法です。

ケミカルピーリングとは、肌の表面に薬剤を塗って、古い角質や毛穴に詰まっている老廃物などを溶かして取り除く治療法です。ただし保険の適用がありません。