ニキビ・吹き出物ができると、気になってしまって、つぶしたくなるかもしれませんが、つぶしてはいけません。
つぶすことで様々な良くないことが起こりえますので、できるだけつぶさないようにしましょう。

ニキビ・吹き出物をつぶしてはいけない理由は次のとおりです。

治りが遅くなる

ニキビ・吹き出物をつぶしてしまうと、そこから雑菌が入って炎症を起こし、治りが遅くなる可能性があります。
また、ニキビ・吹き出物の範囲が広がって悪化してしまうこともありえます。

跡が残る

ニキビ・吹き出物をつぶすことで、肌を傷つけてしまい、跡が残ってしまう恐れがあります。

また、ニキビ・吹き出物ができたときは、刺激を与えず清潔にすることが大切ですので、なるべく触らないほうがよいのです。

つい気になって触ってしまうことは多いでしょう。
手や指には雑菌がたくさん付いていますので、そのような指でニキビ・吹き出物を触ってしまうと、症状が悪化する恐れがあります。

もしも、ニキビ・吹き出物がつぶれてしまったときは、消毒して清潔な状態にして、治療薬を塗っておきましょう
どうしても気になる場合は、皮膚科を受診して医師に相談することをおすすめします。