ニキビとは、毛穴に発生する皮膚疾患、つまり医学的には一種の病気です。このニキビには様々な種類があります。

ニキビの種類によってケアの方法が変わりますので、ニキビにどのような種類があるのか知っておくと良いと思います。

ニキビは、一般的にはおおよそ次のように分けられています。

白ニキビ

白ニキビは、古い角質や皮脂などが毛穴に詰まり、皮脂が外に出ることができずに毛穴に溜まった状態です。よく見ると、溜まった皮脂(コメド)が白い小さい点に見えます。
白ニキビの状態では、毛穴の中でアクネ菌が増え始めています。

黒ニキビ

黒ニキビとは、溜まった皮脂の塊が毛穴の入り口に詰まり、毛穴から出て酸化して黒く変色した状態です。小さなホクロやシミのように見えますので、気になる人も多いでしょう。
黒ニキビは、特に鼻にできやすいので目立ちます。黒い部分は汚れではないので洗っても落ちません。
この段階でニキビを治すことができれば、炎症を起こす前ですので、ニキビ跡が肌に残ることは通常ありません。

赤ニキビ

赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビが悪化して、毛穴とその周りが赤く炎症を起こした状態です。この状態になると痛みを感じる場合があります。治っても、跡がシミになることがあります。

黄ニキビ

赤ニキビの症状がさらに悪化して、炎症が激しくなり、黄色い膿(膿疱)ができた状態が黄ニキビです。
黄ニキビになると炎症の範囲が広がっていき、毛穴の周りの皮膚組織を破壊することもあります。
治っても、肌の表面にニキビ跡(いわゆるクレーター)が残る可能性が高くなります。

ニキビは炎症を起こす前に対処することが非常に重要です。