ニキビのできやすい場所は、主に次の箇所です。

Tゾーン(おでこ、鼻)

Tゾーン(おでこ、鼻)はニキビができやすい場所として最も知られていると思います。

Tゾーンは、他の場所よりも皮脂の分泌量が多くなります。特に思春期は皮脂の分泌が盛んとなりますので、毛穴が詰まってしまい、おでこや鼻のラインからあごにかけてニキビができてしまいがちです。

大人ニキビの場合は、脂性肌のほか、乾燥肌でもストレスや睡眠不足でできることがあります。おでこの場合は、前髪の刺激でニキビができることもあります。

あご

あごとその周辺も皮脂の分泌が多く、皮脂が詰まりやすい場所ですので、ニキビができやすいです。手で触って悪化しやすい場所でもあります。

口の周り

口の周りは、胃腸が弱っているとニキビができやすい場所だと言われています。また、口の周りを手で触る癖のある人は、その刺激でニキビができやすくなることもあります。

頬は皮脂の分泌量が比較的少ない場所ですが、ニキビができてしまうことがあります。原因の一つとして、肌が乾燥しすぎてバリア機能が衰え、皮脂が少なくても毛穴が詰まってしまうことが挙げられます。

首は、男性ホルモンの影響でニキビができやすいと言われています。ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうと、首にニキビができてしまうことがあります。

背中

背中は、Tゾーンと同様に皮脂の分泌量が多い場所です。また、ヘアケア製品の洗い残しが原因で、背中の毛穴を塞いでしまうこともあります。

お尻

お尻は背中ほどではありませんが、皮脂の分泌が盛んな場所です。また、座ることが多いと、お尻への刺激を強く受け続けることになりますし、蒸れやすいので、ニキビができやすくなります。