食べ物と乾燥肌とは関係があります。栄養の偏った食生活が原因で、肌がカサカサになっている可能性があります。
過度なダイエットも肌に悪影響を与えることがあります。
偏った食事は乾燥肌を悪化させますので、日頃から栄養バランスの取れた食事を摂るようにしましょう。

ただし、食べ過ぎは皮脂の過剰分泌を引き起こしますので、お気を付けください。

乾燥肌の改善に効果的な栄養素は、主に次のものになります。

ビタミンA

ビタミンAには、皮膚の新陳代謝を促したり乾燥を防ぐ作用があります。
緑黄色野菜、海苔やワカメなどの海藻類、うなぎ、鶏や豚のレバー、乳製品などに含まれています。

ビタミンB群

ビタミンB群(特にB2とB6)にも皮膚の新陳代謝を改善する作用があります。
ビタミンB群は様々な食品に含まれていますので不足することは通常ありません。
しかし、アルコール、炭水化物、甘いものの摂りすぎ、ストレスなどにより大量に消費してしまいます。

ビタミンC

ビタミンCは乾燥肌を防ぐために必要なコラーゲンの生成を促したり、体内の活性酸素を除去したりします。
果物や緑黄色野菜に含まれていますが、熱や酸素に弱いため、食べ方に工夫が要ります。
例えば、加熱は短時間にする、生で食べる、切るのは食べる直前にするといったことです。

ビタミンE

ビタミンEには、血行促進や抗酸化作用があります。
いくら、うなぎ、イワシなどの魚介類、ナッツ類、アボガドなどに含まれています。

セラミド

セラミドは脂質の一種で、お肌の潤い成分の一つです。
コンニャク、黒豆、ひじき、ごぼうなどに含まれています。

必須脂肪酸

必須脂肪酸が不足すると、体の細胞の動きが鈍くなったり、お肌の水分保持力が低下したりしますので、乾燥肌を生じさせる可能性があります。
魚介類には必須脂肪酸の一種のオメガ3脂肪酸が含まれています。