乾燥肌とは、角質の水分含有量が減っている状態です。
角質の水分含有量が減る主な原因は、皮脂の分泌量が減ることや、角質の細胞間脂質が減ることなどが挙げられます。

本来、肌の水分は、角質が「防護壁」のような役割をしてくれているために保たれています。
ところが、この角質の機能が働かなくなると、肌の水分が保てなくなりますので、乾燥してしまいます。

健康で美しい肌は、水分と脂質がほどよく交じり合った皮脂膜で覆われて乾燥しないようになっています。
乾燥肌はこの皮脂膜が無い状態なのです。
つまり、皮膚の表面の角質が乾燥してめくれてしまっているのです。

乾燥肌になると、皮膚は潤いが無くなります
もろくなり、カサカサして、ヒビ割れたり、シワができやすくなります。

また、肌から白く粉が吹いたように見えることもあります。
そのような状態になると、化粧ノリは悪くなってしまいます。

洗顔をした後に肌がつっぱる感覚のある方は、乾燥している可能性が高いです。
特に秋や冬は空気が乾燥していますので、どうしても肌も乾いてしまいがちです。
また、エアコンや紫外線は乾燥肌の原因になると言われていますので、夏でも乾燥肌になる可能性があります。

乾燥肌は早めの対策で改善することができます。
原因をはっきりさせて、正しい対策が肝腎です。