乾燥肌の原因は、そのどれか一つとは限らず、様々なことが原因で起こります。
自分の乾燥肌の原因がどれに該当するのかを良く考え、予防や対策を考える必要があります。

乾燥肌の主な原因は次のとおりです。

誤ったスキンケア

誤ったスキンケアをしていると、肌の保湿能力を弱めてしまい、乾燥肌になりやすくなります。
例えば、顔を洗い過ぎたり洗浄力の強過ぎる洗顔料を使ったりすることが原因の場合があります。

空気の乾燥(低い湿度)

秋や冬といった季節は空気が乾燥します。
すると肌の潤いが奪われてしまって乾燥肌になりやすくなります。

紫外線

紫外線を浴びることで肌の水分を失ってしまうと、乾燥肌になっていきます。

食生活の乱れ

食生活が乱れていると、十分な栄養を肌に与えることができなくなり、乾燥肌を引き起こす可能性があります。
ダイエットのし過ぎ栄養の偏った食事はお肌に良くありません。

生活習慣

睡眠不足ストレスといった生活習慣も乾燥肌の原因になりえます。
例えば、過度なストレスを受け続けると、血液の循環が悪くなってしまい、乾燥肌を引き起こす可能性があります。

加齢

年を取ると新陳代謝が低下し、肌の潤いが弱まっていくため、肌がカサカサになりやすくなります。