乾燥肌がひどくて、自己流の対策では改善しない時や、肌に発疹や炎症が起きているような時は、皮膚科を受診することをおすすめします。

特に冬は、皮膚科に行く患者が増えます。待ち時間が長い皮膚科も多いです。
仕事などで忙しくて時間の無い方は、行くのが無理かもしれません。

しかし、発疹や炎症が起きていると、かゆくて我慢出来ず、かいてしまうでしょう。
すると、肌に傷がつき、さらに肌の状態が悪くなっていきます。
これでは悪循環です。
早く皮膚科に行けばよかったと後悔しても「後の祭り」になってしまいます。
自己流の対策が、実は乾燥肌を悪化させている可能性もあります。

皮膚科を受診すれば、検査をして原因を特定し、症状に合った薬を処方してもらうことができます。
症状に合った薬ならば効き目は早いはずですので、乾燥肌の状態は少しずつ正常に戻っていくでしょう。