乾燥肌の場合は脂分が少ないので、ニキビができにくいイメージがあります。
しかし、乾燥肌の人でもニキビができてしまうことがありますので、注意しなければなりません。

では、なぜ乾燥肌にニキビができるのか?

普通のニキビのできる原因は、皮脂による毛穴の詰まりです。
脂性肌(オイリー肌)はニキビができやすいのです。

乾燥肌の場合は皮脂が少ないため、毛穴が詰まりにくいように感じます。
確かにそうなのですが、肌が乾燥すると毛穴が次第に細くなっていきます。
毛穴が細くなると、少しの皮脂でも詰まってしまいます。
つまり、ニキビができやすくなるのです。

また、肌は乾燥してくると、皮脂を分泌して膜を作って潤そうとしますが、あまりにも肌が乾燥していると過剰に皮脂が分泌してしまいます
この分泌され過ぎた皮脂が毛穴を詰まらせてニキビを作ってしまうこともあります。

乾燥肌でも以上のようなことが起こる可能性があるため、ニキビができやすい肌状態になってしまうのです。

乾燥ニキビ 関連商品