乾燥肌を改善するためには入浴も効果があります。
お風呂に浸かると血液の流れが良くなり、毛穴が開いて新陳代謝がアップし、皮脂の分泌も盛んになりますので、肌の状態が改善して、乾燥肌も良くなるというわけです。

ただし、入浴方法によっては乾燥肌を悪化させる原因となってしまいます。

入浴に際して気を付けたいことは次のとおりです。
参考にしてみてください。

ゴシゴシ体を洗わない

ゴシゴシと体を洗うと、肌へのダメージが大きいので止めましょう。
ナイロンタオルは必要な皮脂や角質層を取ってしまい、肌を傷付け、色素沈着の恐れもありますので、使わないでください。
体は優しく洗いましょう。

半身浴をする

半身浴は、汗をかいて新陳代謝を向上させます
ぬるめのお湯に30分程度浸かると、体の芯まで温まります。

熱過ぎるお湯に入らない

42度以上の熱い湯は肌荒れを引き起こす原因になります。
38~40度くらいの多少ぬるい程度を目安にしましょう。

保湿効果のある入浴剤を入れる

浴槽に保湿効果のある入浴剤を入れるというのも、乾燥肌の改善に効果があります。

乾燥肌 保湿 入浴剤 関連商品

入浴後の保湿をきちんと行う

入浴後に体を放置しておくと、水分が蒸発して全身が乾燥してしまいます。
顔も体も早めに保湿を行ってください