食事と肌トラブルは大きく関わっています。食生活を見直すことによって、肌トラブルを改善することができます。

肌トラブルを改善するために取り入れたい食生活とは、次のようなものです。

栄養バランスの良い食事

過剰なダイエットや偏食によって、食事の栄養バランスが悪くなり栄養不足になると、肌トラブルを起こしやすくなりますし、肌トラブルがあっても改善しません。
肌に良い食品だけを毎日食べても、体に必要なその他の栄養素が不足してしまっては意味がありません。

栄養バランスの良い食事を摂ることが肌トラブルを改善する一番の近道です。

特に肌に良いものは、ビタミンの多い食品です。
ビタミンCには、シミ、シワ、ニキビの改善効果、紫外線から肌を守る効果、肌のコラーゲンを作るのを助ける作用があります。
ビタミンEには活性酸素の生成を抑える作用がありますので、肌の老化予防になります。

食品添加物は出来るだけ摂らない

食品添加物が原因で肌トラブルを起こすこともありますので、出来る限り食品添加物を摂らないことも重要です。
加工食品ファストフードジャンクフードといった類いのものは食べない方が良いでしょう。

皮脂の分泌を促す食品を避ける

脂肪分の多い肉糖分の多いお菓子加工食品ジャンクフードなどには皮脂の分泌を促進させます。
皮脂の分泌が多くなると、毛穴に皮脂が詰まってニキビを作るなど肌トラブルを起こす原因になります。
したがって、これらのような食品は出来るだけ避けて、肌に良い栄養素が多く含まれている野菜をたくさん食べるようにしましょう。