肌に優しい洗顔のコツを考えてみたいと思います。以下、メイク落としのクレンジングが済んでいる前提です。

洗顔は思った以上に肌に負担を掛けています。そこで洗顔料の泡立て方と洗う力加減に気を使いましょう

泡立て

きめ細かい泡を多めに作り、優しく洗顔しましょう。

きめ細かい泡を作るのは難しいかもしれません。ドラッグストアやコスメショップで売られている泡立て用のネットなどを使いましょう。これを使うと簡単にきめ細かい泡が作れます。

力加減

作った泡で肌を擦らないように、包むように優しく丁寧に洗い上げてください。ゴシゴシ擦るように洗うと、肌を傷付けてしまいます。時間は30秒程度に。洗顔料を長い時間顔に付けたままでいると、洗顔料の刺激によって肌トラブルの原因になることがあります。

洗い流し

必ずぬるま湯を使って洗顔をしましょう。体温より少し高めくらいが最適です。ぬるま湯で洗顔の泡をしっかり洗い流します。すすぎ残しが無いように気を付けてください。

熱めのお湯は避けましょう。熱めのお湯を使うと、肌に必要な皮脂や潤いも一緒に洗い流してしまい、乾燥の原因になったり、肌が傷つきやすくなります。

スキンケア

洗顔後の保湿も忘れずに。化粧水、乳液、美容液などで肌を整えましょう。