生理前になると肌荒れしたり、ニキビが出来たりしたことはありませんか。生理になるとホルモンバランスが崩れ、その結果、肌トラブルを引き起こすことがあります。

生理が近付くとホルモンバランスが乱れてしまい、皮脂の分泌量が多くなってきます。すると、皮脂が毛穴に詰まってしまい、それが原因でニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなります。さらに、生理前は肌のバリア機能が落ちますので、肌がより敏感になり、化粧品やスポンジなどの刺激で肌トラブルを起こすことがあります。

また、生理の時は何となくイライラしたり、精神的に不安定になりがちですので、ストレスが溜まりやすくなります。そうなると、ますますホルモンのバランスに悪影響を与えてしまいますので、皮脂の分泌量が増えてくるでしょう。

このように、生理の時期は非常に肌トラブルを起こしやすいのです。少しでもトラブルを抑えるために、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

ホルモンバランスを整えるには、睡眠不足にならないようにしたり、栄養バランスの良い食事を摂るように心掛けたり、ストレスを溜めないようにしたりといったことが大切です。

また、洗顔後のスキンケアをいつもよりも気を付けて行いましょう。顔に出来るだけ雑菌が付かないように、髪が顔にかかりにくいように髪型を工夫しましょう。