お肌に悪い生活習慣として代表的なことは次の4つです。

睡眠不足

睡眠不足は美肌の大敵とも言われています。

成長ホルモンを正常に分泌させて新陳代謝を良くするには、午後10時から午前2時の間に睡眠を取ることが理想です。この時間帯を「エンジェルタイム」「お肌のゴールデンタイム」などと呼んでいます。

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が滞るようになると、肌トラブルだけで無く、体全体の調子が悪くなってしまいます。

栄養の偏り

栄養が偏り、必須の栄養素が不足すると、皮脂の分泌の変化が起きて、肌にハリが無くなったりかさついたりするようになります。

飲酒

お酒自体はそれほど肌トラブルの原因にはなりません。
しかし、お酒の成分には体に悪影響を与えるものが含まれていますので、飲み過ぎは体全体にダメージを与えます。

喫煙

喫煙は体に有害です。肺がん、心筋梗塞、脳卒中、肺気腫になる危険を高めます。
タバコの煙に含まれる一酸化炭素によって血液は酸素不足になります。ニコチンやタールは血液が栄養を運ぶのを妨げます。
血行が悪くなり、お肌の新陳代謝が悪くなり、肌が酸化し、肌トラブルを引き起こします。