脇脱毛を受ける場合、クリニック(医療機関)ならばレーザー脱毛、脱毛サロンならば光脱毛が主流となっていますが、永久脱毛を目指すのであればニードル(電気針)脱毛という方法があります。

ニードル脱毛とは、毛穴に細い金属針を入れて、針先に微弱な電気(または高周波)を流し、毛根を破壊するという脱毛方法です。

毛穴1つ1つに針を刺すのですから、両ワキで1時間程度と、施術にかなりの時間がかかります

また、電流を流すときに痛みを感じます。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みが強くて我慢できない人もいらっしゃるようです。全然平気な方もいるそうです。

ワキは比較的痛みを感じにくいところだと言われていますが、痛みが苦手な人はニードル脱毛を受けない方がよいかもしれません。

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して行うものですので、施術者の技術力が問われます。施術者の腕が良ければ、痛みは強く感じず、高い脱毛効果が得られるでしょう。しかし、未熟な場合には深刻な肌トラブルが起こる恐れもあります。

もし、ニードル脱毛で脇脱毛するのであれば、信頼できるところ、アフターケアのしっかりしたところを選ぶようにしましょう。