脇毛をカミソリで脱毛をするという人は多いでしょう。カミソリを使ったムダ毛処理は手軽で、時間がかかりませんし、費用もかからないところがいいですね。

ただし、カミソリで剃ると、カミソリ負けして、剃り跡が目立ってしまいがちです。エステサロンの脱毛や家庭用脱毛器を使った脱毛のように、処理の跡が無くて、ワキの下を堂々と見せられるという状態にはなりにくいです。

脇脱毛の注意点

カミソリを使った脇毛の処理で、気を付けたい点がいくつかあります。

1 クリームやワセリンを塗ってから剃る

乾いた肌のままですと、肌の表面(角質)も削ってしまいます。クリームやワセリンを塗って、カミソリの滑りを良くしてから剃りましょう。

2 入浴時、入浴直後は避ける

入浴時、入浴直後は肌が水分を吸って柔らかくなっています。この状態でカミソリを当てると、肌の表面(角質)を削ってしまう恐れがあります。入浴時、入浴直後は処理しないようにしましょう。

3 同じ場所を何度も剃らない、逆剃りしない

同じ場所を何度も剃ったり、毛の流れと逆に剃ったりしてしまうと、肌を傷めて、出血することもあります。脇毛の流れに従って、できるだけ1回で剃ってしまいましょう。

4 剃った後はケアする

カミソリを使うと少なからず肌を傷めています。人によっては炎症を起こしてしまうこともあります。カミソリで剃った後は、しっかりと保湿ケアしてください。同時に濡れタオルなどで冷やすのもオススメします。

5 1,2週間に1回程度に

毎日処理するのは肌へのダメージが大きくなりすぎます。色素沈着してしまうと跡が残ってしまい、消すのが難しくなります。カミソリによる脇毛の脱毛は1,2週間に1回程度にしましょう。

6 カミソリは小まめに取り替えよう

切れ味の悪いカミソリで剃ると、肌トラブルが起こりやすくなります。できれば1回毎に使い捨てにしてしまいましょう。
もしも複数回使うのであれば、必ずきれいに洗い流し、雑菌を繁殖させないように気を付けましょう。アルコールスプレーなどで除菌するとよいでしょう。