脱毛器は痛いというイメージがあるかもしれませんが、実際は性能が高くなっており、痛みへの対策も十分になされてきています。もちろん、使い方を間違ったり、照射レベルを最高にしてしまうと、火傷を起こしてしまうことがあります。

家庭用脱毛器は、クリニックやエステの脱毛器よりも照射レベルが低く抑えられていますので、エステで脱毛をするよりも痛みは強くありません。

脱毛処理の種類によって異なりますが、フラッシュ式家庭用脱毛器ならば痛みはほとんど感じないでしょう。例え感じたとしても我慢できないほどではありませんので、ストレス無く使い続けることができます。

レーザー式脱毛器はフラッシュ式よりも出力が高いため、痛みは多少強くなります。敏感肌の方は、痛みが強くて使い続けることが難しいことがあるかもしれませんし、肌荒れをする可能性もあります。

サーミコン(熱線)式脱毛器の場合は、痛みよりも熱さを感じるでしょう。

以上のことを考えると、痛みに敏感な方は、最も刺激が少ないフラッシュ式家庭用脱毛器をおすすめします。

ところで、痛みは脱毛する箇所や脱毛の仕方によっても変わります。皮膚が薄いデリケートな部分、毛が濃い部分(メラミンの濃い部分)に使用すると、痛みを感じやすくなります。

また、脱毛前に肌を冷やさないと、痛みが強くなることがあります。