家庭用脱毛器の場合、一般的には胎児に影響を与えるようなレーザーや光を照射することはありませんので、妊娠中でも使用できます。照射するレーザーや光は、それほど強力なものではありませんので、妊婦の体に影響するということも、胎児に影響するという恐れもありません。

ただし、機種によっては強いレーザーや光を照射することができますので、製品の説明書をよく読んでから使用してください。

また、妊娠中は体が非常にデリケートになっています。普段の体とは違う状態で、肌や毛穴がとても敏感になっていて、ちょっとした刺激でも過剰に反応してしまうことがあります。ホルモンバランスが崩れている時期ですので、肌の状態が過敏になっていて、妊娠前には感じなかった痛みを感じることもあります。

そのようなことを考えますと、妊娠中でも家庭用脱毛器を使って大丈夫ですが、脱毛は出来る限り妊娠前までに済ませておいた方が良いかもしれません。

妊娠中はムダ毛が濃くなり、非常に気になるかもしれませんが、出産後少し経って体調が元に戻ってから脱毛を行う方が間違いないでしょう。