レーザー式の家庭用脱毛器の特徴をご紹介します。

家庭用脱毛器で使われているレーザーは、医療用(業務用)のレーザー脱毛には及びませんが、クリニックの脱毛に近い脱毛効果があります。

レーザーの照射範囲は狭いため、ピンポイントの脱毛には向いていますが、広範囲を一度に脱毛したいという人には向いていません。脱毛効果は高いのですが照射回数を増やさないといけないため、手間がかかります。

また、レーザー照射のレベルによっては痛みを感じる場合があります。家庭用は医療用よりも出力が低いため、痛みはほとんど無いとされていますが、痛みの感じ方は人それぞれですので、痛みを感じてしまう人もいます。痛みを感じやすい方は、照射レベルを調整できる脱毛器を購入したほうが良いでしょう。

レーザー式はフラッシュ式と異なり、カートリッジのような消耗品はありません。つまり、追加費用がかかりません。

レーザー 脱毛器 関連商品