医療脱毛を受ける時(受けた時)は、次の点に注意しましょう。

日焼けはダメ

日焼けした状態でレーザーを当ててしまうと、火傷をする恐れがあります。脱毛期間中は日焼けをしないように気を付けてください。

ただし、日焼けした肌でも施術が可能なマシン(YAGレーザー、G-MAXなど)もありますので、事前に医師に相談しましょう。

毛抜きの自己処理をしない

毛抜きで自己処理をしている場合は、医療脱毛を受けることができません。なぜならば、医療レーザーは毛の黒色を感知して組織を破壊するのですが、毛を抜いてしまうとレーザーが反応しないためです。

もしも自分で毛を抜いていた場合は、一般的に、2週間~1か月ほど(毛が生えてくるまで)は施術を受けることができません。

妊娠中や生理中は受けられない

妊娠中や生理中は脱毛を断られることが多いです。脱毛部位によっては脱毛可能なことがありますが、肌トラブルを起こしやすいため、控えた方が良いでしょう。

施術後しっかりスキンケア

脱毛後のスキンケアは非常に大切です。誤った方法でケアしてしまうと肌トラブルを起こしてしまいます。施術した肌は乾燥しやすくなりますので、しっかり保湿ケアしてください

また、施術後3日~5日程度は、脱毛部位に強い刺激を与えないようにしましょう。

施術後、体温を高くしないように

サウナや高温のお風呂、温泉は避けましょう。お酒は飲まないようにしましょう。