永久脱毛というと、永久に毛が生えてこないことのように思いますが、本当に一生涯生えてこないのか、疑問に感じている人は多いでしょう。

実は、永久脱毛を行っても、毛が生えてくる可能性があります

そもそも永久脱毛の定義はあいまいです。日本では公的機関による定義がありません。厚生労働省の見解として、医療機関以外のいわゆる「永久脱毛」行為が医師法違反になる、ということがあるだけです

日本医学脱毛協会という団体のサイトには「永久脱毛は、この毛母細胞をレーザー処理などで破壊する方法です」と書かれています。(http://www.epi.gr.jp/document/guide_02.html)

脱毛の先進国とも言えるアメリカの団体「米国電気脱毛協会」では、永久脱毛の定義を「脱毛終了から1か月経っても毛の再生率が20%以下」と定めているそうです。つまり、脱毛が終わった後に毛が生えてきても、毛の再生率が20%以下ならば永久脱毛と呼べるということになります。

日本の代表的な永久脱毛(医療脱毛)の方法であるレーザー脱毛でも、脱毛効果が永久的にあるのかは未だ確認されていません。

以上のことから、永久脱毛をする場合には、将来毛が再び生えてくる可能性があると理解、納得した上で行いましょう。