ニードル脱毛(電気脱毛、絶縁針脱毛)とは、毛穴に絶縁針(プローブ)を挿入し、電気を流して、発毛組織(毛の発生源)を破壊する脱毛方法です。

このニードル脱毛のメリットとデメリットは次のとおりです。

■メリット

ニードル脱毛の大きなメリットは、1本1本確実に脱毛ができるということです。ニードル脱毛で施術した箇所からは、ほぼ永久にムダ毛が生えてこないとされています。確実に脱毛ができるので、しっかりと永久脱毛をしたい人に向いている脱毛法だと言えます。

ニードル脱毛は毛穴一つ一つに対して施術していきます。毛穴に針を刺して電流を流して直接毛根にダメージを与えるため、ムダ毛が生えなくなるのです。

■デメリット

ニードル脱毛のデメリットは、とても痛いことでしょう。毛穴に針を刺して電流を流すため、痛みを感じるのはやむを得ません。その対処として、アイスパックで冷やしながら行ったり(冷却法)、クリニックならば麻酔が可能です。

その他のデメリットとしては、他の脱毛方法に比べて時間がかかる費用が多少高くなるといったことが上げられます。時間について、例えば両ワキ、平均的な毛の量の場合、1回1時間から1時間半程度かかります。費用について、例えば両ワキ、脱毛完了まで15万円前後が目安です。

このように、メリットは大きいのですが、それ以上にデメリットがあるため、ニードル脱毛はあまり人気がなく、クリニックでは医療レーザー脱毛が主流となっています。