脱毛サロンの無料カウンセリングなどを受けて、そのまま強引に契約させられてしまったり、契約後に家族から反対されて解約することにしたりといったケースは少なくありません。

このような場合、一定の条件を満たせばクーリングオフは可能です。

エステサロンの場合のクーリングオフの条件は、次の3つがすべて該当することです。

  • 契約日(契約書を受け取った日)から8日以内
  • 契約期間が1か月を超える
  • 契約金額が5万円を超える

クーリングオフしたい場合には、8日以内に、解約したい旨を書いた書類を脱毛サロンに送ってください。必ず書面で行います。電話や口頭ではクーリングオフは適用されません。

クレジット契約している場合は、クレジット会社にも書類を送ってください。

また、契約して8日を過ぎてしまうと、クーリングオフが適用されなくなってしまいますので、注意してください。送るときは特定記録郵便または簡易書留などの記録が残る方法にしましょう。

クーリングオフが成立した場合、支払った代金は全額返金されます。損害賠償も違約金も発生しません。

なお、クリニック(医療機関)での脱毛の場合は、クーリングオフが適用されません。

【参考】国民生活センター「クーリング・オフって何?」
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_volunteer/mj-chishiki24.html