脱毛サロンで脱毛をする場合、多くのお店では光脱毛(光の種類によってフラッシュ脱毛、IPL脱毛など呼び方が変わります)という方法が使われますが、この光脱毛は比較的痛みや肌へのダメージが少ないと言われています。

ただし、まったく痛みが無いわけではありません。感じ方には個人差がありますし、脱毛をする部位の触感の違いや、毛の密集度合いによっても、痛みは変わります。例えば、Iラインなどデリケートゾーンの脱毛をするときには、ワキなどよりも痛みが少し強いかもしれません。

また、スタッフの技術レベルによっても痛みが変わってくる可能性があります。できるだけ豊富な脱毛実績があって、評判の良いサロンを選んだほうが良いでしょう。

脱毛サロンで永久脱毛を目指す場合、ニードル(電気針)脱毛という方法があります。ニードル脱毛は、毛穴の一つ一つに針を挿して、非常に弱い電流を通して脱毛します。この方法は痛みを強く感じる人が多いでしょう。

クリニック(医療機関)で主流の脱毛方法はレーザー脱毛ですが、レーザー脱毛の場合は、輪ゴムで弾かれるような痛みを感じる人が多いようです。

痛みの少ないサロンの光脱毛は、ニードル脱毛やレーザー脱毛と比べると、脱毛効果が下がります。ご自分に合っている方法をよく考えてお決めください。