除毛クリームにはいろいろな種類があります。クリーム以外に乳液、ローション、ジェルなどもあります。これらの除毛クリームでムダ毛が抜ける仕組みは基本的に同じです。以下簡単にご紹介しましょう。

除毛クリームでムダ毛が抜ける仕組み

多くの除毛クリームにはアルカリ性の成分が含まれています。一方、肌は通常は弱酸性です。

アルカリ性の除毛クリームを弱酸性の肌に塗ると、肌がアルカリ性になります。すると毛穴が開いて、毛穴の中に除毛クリームが入っていきます。

除毛クリームに含まれているアルカリ性の成分は、ムダ毛のタンパク質を溶かす働きがあります。そのため、除毛クリームを塗って、一定の時間そのままにしておき、その後拭き取る(または洗い流す)と、ムダ毛が抜けるというわけです。

また、除毛クリームには抑毛成分が配合されているものもあり、ムダ毛が細くなったり、生えにくくなったりする効果も期待できます。ムダ毛が生えてきたとしても、カミソリで剃った後のように毛先が尖っていませんので、チクチクしないのです。

除毛クリーム 関連商品

敏感肌の方は注意

ただし、敏感肌の方は注意が必要です。

肌も毛と同様にタンパク質でできていますので、除毛クリームは少なからず肌に刺激を与えます。除毛クリームには、保湿成分が配合されていて肌にほとんど負担をかけないと宣伝されているものもあります。

しかし「敏感肌用」の製品であっても、パッチテスト(使用前テスト)をして、自分の肌に合うかどうか確認したほうが良いでしょう