ムダ毛処理を自宅でする方法として、毛抜きで引き抜く方法があります。このムダ毛を抜く処理方法にはメリットとデメリットがありますが、デメリットの方が大きいと思いますので、おすすめできません

毛抜きのメリット

メリットとしては次のようなことが考えられます。

安価

毛抜きは安価で、100円程度で購入できます。ムダ毛処理の費用がほとんどかかりません。

手軽

毛抜きを使うのであれば、自宅で好きな時に処理できます。サロンのように時間に縛られることもなく、誰にも見られずに処理できます。

頻繁な処理は不要

一度毛を毛根から引き抜くと、毛の生えるスピードが遅くなります。剃るよりも処理する回数が少なくなります。

毛抜きのデメリット

デメリットは様々な肌トラブルの危険性です。例えば次のとおりです。

炎症

毛穴から菌が入り、炎症を起こしてニキビのようなものができたり、化膿したりすることがあります。

埋没毛

埋没毛とは、皮膚の中に毛が埋まって、そのまま成長してしまう状態のことです。皮膚の中に毛があるため、抜くことができません。無理に抜いてしまうと肌を傷付けてしまいます。

色素沈着

ムダ毛を抜くことは、肌に大きなダメージを与えます。ダメージを受けた肌が色素沈着を起こし、その部分の色が変わってしまうこともあります。

ムダ毛処理を毛抜きでする場合のコツ

以上のように、ムダ毛を抜く方法にはデメリットが大きいのですが、それでも抜きたい場合は、次のようなことに注意しながら処理してみてください。

抜く前に肌をキレイにする、温める

毛穴から雑菌が入らないように、肌をキレイにしておきましょう。汚れた状態で毛を抜くと、毛穴から雑菌が入って炎症を起こす恐れがあります。
キレイにした後は、蒸したタオルなどで肌を温めます。やけどしないように。

抜く時は肌を引っ張り伸ばす

温めた肌の毛穴は開いていて、ムダ毛が抜けやすくなりますので、肌への負担を抑えられます。
抜く時には、肌を引っ張り伸ばすようにして、毛の流れに沿って抜きましょう。毛の流れに沿って抜くと、痛みが軽くなります。また、毛が埋没してしまったり、赤くなってしまうのを防げます。

処理が終わったら冷やす、清潔を保つ

処理が終わったら、冷やした濡れタオルなどを使って肌を冷やしましょう。冷やすことで毛穴の引き締め効果があります。
また、清潔に保つようにしてください。