敏感肌を改善するためには、自分の敏感肌がどのようなタイプで、何が原因なのかを知る必要があります。
これは、敏感肌のタイプ、症状、原因などによって改善策が異なるからです。

アレルギー性敏感肌

アレルギー性敏感肌の場合は、そのアレルギーの原因物質(アレルゲン)を特定して、アレルゲンに触れないようにすることで改善することが可能になるでしょう。

刺激の強い化粧品を使わずに、天然由来成分だけで出来ている化粧品だけを使うようなことが、アレルギー性敏感肌の改善方法の一つです。
アレルギーの場合、漢方薬やサプリメント等による体質改善が効果的な人もいますが、効果には個人差が大きいようです。

季節性の敏感肌

季節性の敏感肌の場合は、早めの対策で症状の悪化を防ぐことができます。

たとえば日光過敏症の場合は、日差しが強くなり始める前にUVカット商品などを使用しましょう。
季節性の乾燥肌から症状が出る場合は、噴霧タイプの化粧水を持ち歩くと良いでしょう。

体調変化による敏感肌

体調変化による敏感肌、例えば生理の前後に毎月症状が出る場合などは、体質改善を試してみたり、症状の出ている時だけ低刺激性の化粧品に切り替えるなどの対策をします。