敏感肌の原因は人それぞれで異なります。

赤ちゃんや幼児は、まだ環境に対する適応力が未熟なため、肌も非常に敏感です。
これは時期的なもので、成長すれば治るのが普通なのですが、体質的に敏感肌の方の場合は、成長しても敏感肌が治りません

例えば、シャンプーや化粧品などに含まれている成分に反応して肌トラブルが生じてしまったり、少し引っかかれただけでミミズ腫れのようになってしまったりということが、大人になっても続きます。

このような敏感肌は、体質改善によってある程度改善できる場合もありますが、基本的には完治できないようです。

これに対して、普段は問題なく使っている化粧品などが、風邪を引いた時にはかぶれてしまったとか、生理前後にのみかゆみを感じるとか、妊娠中は使えなかったなどといったように、体調によって一時的に敏感肌になることもあります

このような場合、一般的には、その状態が改善されれば治ります。